天気予報

26

20

みん経トピックス

福岡アジア国際会議、開催へタワレコポスター出演者募集

アクロスで88歳までの一般公募作品564点を展示

アクロスで88歳までの一般公募作品564点を展示

366人の一般公募作品564点を一堂に展示

写真を拡大 地図を拡大

 「フクオカフォトフェスティバル2007」が8月22日より、アクロス福岡(福岡市中央区天神1)で開催されている。

 同展は、誰もが参加できるよう一般公募作品をすべて展示するもので、今年で7回目。今年の出品者総数は366人、作品総数は昨年より約40点増しの564点が集まり、15歳の高校生から88歳までの幅広い年齢層からの応募があった。

 同展を企画した井上純子さんは応募数の増加について、作品を見て自分も出せるかもという気軽さがある点を挙げ、「作品は、植物、人物、景色などさまざま。カメラマンの今、一番興味がある『モノ』が写しだされていて、一枚一枚の写真が深い」という。

 毎年出品しているという、写真歴7年の高宮操さん(55歳)は、今年は蓮の花をモチーフに「鮮やかなとき」と「朽ちているとき」を写した3点を出品。「泥の中で流れる人生を表現したかった。生きているのは人間と同じ」と生き生きと話す。

 井上さんは「会場での出品者同士の交流など、『写真』を通したつながりがもっと広がって、多くの人に『写真』を楽しんでいただければ」と話している。

関連記事(天神経済新聞)アクロス福岡

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ソラリアステージに「タワーレコードカフェ」がオープン(この写真の記事へ)。キャラクターをモチーフにしたメニューを提供(写真は「えびふらいのしっぽのハンバーガー」)©2017 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.
[拡大写真]

アクセスランキング