天気予報

26

20

みん経トピックス

県美、開館20周年記念で「バロック・ロココの巨匠」展

県美、開館20周年記念で「バロック・ロココの巨匠」展

福岡県立美術館(天神5、TEL 092-715-3551)は11月19日から25日まで、開館20周年を記念して「バロック・ロココの巨匠-天才たちの競演」を開催している。同展では、レンブラントやルーベンス、ヴァン・ダイク、フランソワ・ブーシェなどなどイタリア、フランメル、オランダ、フランスの絵画53点を展示するもの。作品は17世紀から18世紀の作品で、光と影によるドラマティックな宗教画や軽やかで華麗な風俗画など。芸術の中心がイタリアからフランスへ移行し、バロック絵画からロココ絵画への移行期の絵画を取り揃えている。入場料は、一般=1,000円(前売=800円)、高大生=800円(前売=600円)、小中生=500円(前売=300円)。開催期間中、週末毎にコンサートを開いたり、バロック・ロココについて教養を深めるセミナーなどを開催する。(写真=ピーテル・パウル・ルーベンス 《聖家族およびエリサベツと洗礼者ヨハネ》1634年頃 ヴァルラフ=リヒャルツ美術館蔵)福岡県立美術館

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ソラリアステージに「タワーレコードカフェ」がオープン(この写真の記事へ)。キャラクターをモチーフにしたメニューを提供(写真は「えびふらいのしっぽのハンバーガー」)©2017 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.
[拡大写真]

アクセスランキング