特集

福岡市「カワイイ区」
2代目区長にカナダ人ミカエラ・ブレスウェートさん

  •  
  •  

2代目区長はカナダ人

初代区長には福岡県出身の元AKB48メンバー篠田麻里子さんが就任し、区民の登録開始から約半日で1万人を超える人気を集めたが、「『カワイイ』という言葉は男女差別を助長するのでは?」などの声が上がり、今年2月に篠田さんは区長を退任。約半年間、区長は空席となっていた。


2代目区長に就任したミカエラさんは1988年生まれの25歳。高校時代、ロックバンド「X JAPAN」のファンだった友達の影響で日本に興味を持ち、2005年に宮崎県の高校へ留学。高校卒業後は熊本で英会話教師として働きながら日本語を学び、2008年に福岡に転居。現在は英会話教師をしながら、福岡の街や文化を紹介する動画を自ら撮影しユーチューブに配信している。


ユーチューブへ動画配信を始めたのは2006年の熊本に住み始めた頃。「カナダにいる家族に元気な様子を伝えるため、日常生活を撮影していたことがきっかけ」という。「区長の依頼が来たときは爆笑」とミカエラさん。「なんか面白そう」とカワイイ区誕生時には自身も区民登録をしていたというが、「1年後、まさか自分が区長になっているとは…」と驚きを隠せない。


区長に選んだ理由を「私たちが気づかない魅力に気づいている」と高島宗一郎福岡市長。「独特な視点、感覚を持つミカエラさんの発信力に期待したい」と話す。


■「コンパクトさ」が魅力

「なぜ福岡を選んで住んでいるのか」と問うと、「外国の人にはまだ知られていない街。アジアの玄関口だし、海や山が近い。欲しいものもすぐ近くにあるちょうど良い大きさの『コンパクトシティ』。本当に住みやすい」とミカエラさん。さらに「福岡の一番の魅力は人がすてきだということ。困った時には声を掛けてくれる」という。「『愛しとうバイ』『好いとうバイ』など博多弁もカワイイ」。


また「若いエネルギーが集まる場所」とも。「大名や今泉では、個性的なスタイルやファッションが見られるし、刺激的」。今、夢中のエリアは「今泉」。「小さなレストランやおしゃれなカフェ、カンガルーの肉やワニの空揚げが食べられる面白いレストランもお気に入り」という。


■世界中の人を福岡に

男女差別を懸念する苦情に対しては「『カワイイ』という言葉は自分がいいなーと思うものに向かって使う言葉。女性に対して、男性に対してなど使い方に制限はない」とキッパリ。市の広報課も「表現方法に配慮しながら政策を進めたい」とし、「(ミカエラさんの起用について)海外の方に福岡を知って興味をもってもらうきっかけになれば」と期待を寄せている。


ミカエラさんは「海外はもちろん、県外や福岡に住む人にも役に立つ情報を届けたい。上手く発信していければ、東京や京都など日本を代表する観光地に負けない魅力は十分にある」と目を光らせる。


「モツ鍋に水炊き…まだまだ紹介していないものがいっぱい」。先日は動画撮影のため、「一人屋台」に初挑戦した。「店の人やお客さんとの会話が楽しかった」と振り返るが「メニューに英語表記が無く、6年前の私なら怖かった。街や店にもう少し英語の表記を増やしてほしい」と区長として街への苦言も忘れない。「世界中の人たちを福岡に呼びたい!」と頼もしい。




取材・写真/編集部 秋吉真由美





  • はてなブックマークに追加