食べる

岩田屋三越で恵方巻予約開始 岩田屋で3点限り・52センチ恵方巻も

「春夏秋冬屋」の「令和最初の最長巻」(限定3本)

「春夏秋冬屋」の「令和最初の最長巻」(限定3本)

  •  
  •  

 岩田屋三越(福岡市中央区天神2)が1月22日から、恵方巻の予約受け付けを開始する。

「料亭 老松」の「プレミアム恵方巻」

 2月3日の節分の日に、その年の恵方を向いて巻きずしを食べると縁起が良いとされている恵方巻。今年の恵方は「西南西」。

[広告]

 岩田屋本店では、「春夏秋冬屋」の長さ52センチの恵方巻「令和最初の最長巻」(1,944円、限定3本)や、「料亭 老松」の「プレミアム恵方巻」(3,240円、限定30本)、「エヴァ・ダイニング」の食べられる花をあしらった「マクロビエディブルフラワー恵方巻」(972円、限定10本)など、25ブランドをそろえる。

 福岡三越では、「博多魚辰本店」の12種類の具材を巻いた「おさかな大漁巻」(1,701円、ハーフサイズ=888円)や、ズワイガニ、ねぎとろ、卵、天然穴子の4種の味が楽しめる「メドレーリレー巻」(888円、各日限定10本)、「あかり」の「ダブルスセット巻」(2本セット=881円、限定5セット)、「たごさく」の桜の花びらをデザインしたのりを使った「さくら恵方巻き」(810円、限定5本)など、16ブランドをそろえる(以上、限定数は予約分と当日販売分を含む)。

 営業時間は10時~20時。予約は2月2日まで受け付ける。当日販売は2月1日~3日で、店舗により異なる。

SmartNews Awards 2019