福岡競艇と障害者アーティスト集団がコラボ-場内壁面でアートライブ

福岡競艇とアーティスト集団「アトリエブラヴォ」がコラボ

福岡競艇とアーティスト集団「アトリエブラヴォ」がコラボ

  •  
  •  

 福岡競艇(福岡市中央区那の津1)で4月26日、知的障害者8人から成るアーティスト集団「アトリエブラヴォ」による壁面アートライブが行われた。

 「アトリエブラヴォ」は2002年より活動を開始。展示会やイベントなど、福岡を中心に全国で広く、アート活動を展開している。

[広告]

 同イベントは、「開かれた福岡競艇」を目指す取り組みの一環で、「アトリエブラヴォの感性豊かな作品を描くパワーに引かれた。少しでも活動の場が提供できれば」(福岡競艇広報担当の西田孝男さん)と企画された。アートライブが行われたのは、競艇場内の芝生広場。横ではレースが行われている中、約2メートル×約3メートルのキャンバス8面に8人が思い思いの絵を描いていく。

 8人は事前に会場を下見し、イメージを膨らませて準備してきたという。同競艇場のキャラクター「ペラ坊」を描くメンバーや、背景から塗りつぶしていくメンバーなどそれぞれ描く過程にも個性が表れており、大きなキャンバスを目の前に集中し、筆を走らせた。

 完成した作品は約1年間常設される。西田さんは「作品をきっかけに、競艇がクリーンなイメージへ近づき、幅広い世代の来場者が増えれば」と期待を寄せる。

 5月3日の「博多どんたく港まつり」では、アトリエブラヴォがペイントした山車が、競艇選手らも参加する「福岡競艇どんたくパレード隊」として街を走るという。

福岡競艇で「ゴーストライダー杯」-初の映画タイアップレース(天神経済新聞)授産施設とインテリアショップがコラボ展示会-警固のカフェで(天神経済新聞)障害者施設のアート作品を集めコラボ企画展-イムズで開催(天神経済新聞)福岡競艇アトリエブラヴォ

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019