福岡市動物園に新アジアゾウ舎-鼻を観察「ノーズチューブ」も

福岡市動物園に新しいアジアゾウ舎がオープン

福岡市動物園に新しいアジアゾウ舎がオープン

  •  
  •  

 福岡市動物園(福岡市中央区南公園)に3月18日、新しいアジアゾウ舎がオープンする。

ゾウの鼻を間近で観察

 同園は施設の老朽化などを理由に2006年より再整備工事を実施してきた。昨年4月より、ゾウの寝室部分のみ公開していたが、先月運動場や観覧施設が完成。現在、運動場に出る訓練を行っており、3月18日より獣舎の再整備第1弾となるアジアゾウ舎の一般公開を行う。

[広告]

 運動場スペースを以前より4倍に広げ、水浴びがガラス越しで間近で観察できるコーナー、ゾウの鼻を間近に見られるガラスの筒管「ノーズチューブ」、ゾウが背中をこする「背こすり岩」などを設けた。

 同日10時より完成式を行い、10時30分より一般公開する。

 開園時間は9時~17時(入園は16時30分まで)。月曜休園。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ