3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

天神で体験型「デジタルアート展」-iPadアプリ「Mr.shape」など

暗い空間の中、スクリーンに手を近づけるとクラゲの群れが発光して近づいてくる作品「光と遊ぶ空間」

暗い空間の中、スクリーンに手を近づけるとクラゲの群れが発光して近づいてくる作品「光と遊ぶ空間」

  •  
  •  

 アクロス福岡(福岡市中央区天神1)2階交流ギャラリーで8月6日より、「遊べる!デジタルアート展」が開催される。

 来場者がアクションを起こすことで成立するデジタルアートを集めた参加型の企画展。映像制作会社「KOO-KI」所属の白川東一さんによる、イラストにタッチして遊ぶiPadアプリ「Mr.shapeのタッチカード」、九州大学大学院芸術工学府博士の馬場哲晃さんが手掛けた、体に触れると音を鳴らすことができる電子楽器「フレクトリックドラムス」、「Monoscape」所属の松尾高弘さんのスクリーンに手を近づけるとクラゲの群れが発光して近づいてくる作品「光と遊ぶ空間」などを展示する。

[広告]

 「人の動きに反応する光の変化や体を触ると音が出る楽器など、光と音を使って楽しめるイベント」と同館の緒方淑子さん。今年で11年目を迎えるアジアデジタルアート大賞展の歴代作品の紹介コーナーも設ける。

 開催時間は10時~18時。入場無料。今月10日まで。

Stay at Home