食べる

福岡にカレー店 淡路産玉ネギ1個分使った「淡路島カレー」メインに

舞鶴に「カレー&ばる12」がオープン

舞鶴に「カレー&ばる12」がオープン

  •  
  •  

 福岡に6月29日、カレー店「カレー&ばる12」(福岡市中央区舞鶴1、TEL 092-776-4072)がオープンした。

 店舗面積は約15坪。席数は17席。広告営業をしていた大久保宏さんが脱サラして開業した同店。店名は、「アビスパ福岡」サポーター歴20年という大久保さんが「店のサポーターになってほしい」との思いを込め、サッカーチームの12人目の選手の意味を持つサポーターの背番号「12」から名付けた。

[広告]

 メニューは、1皿に淡路島産プレミアム玉ネギ1個分を使う「淡路島カレー」をメインに、スタウトビールで煮込んだポークをのせた「淡路島スタウトポークカレー」(780円~)、ポークとビーンズソースを使った「淡路島ポークビーンズカレー」(900円~)などのほか、夜は「淡路島焼きチーズカレー」(800円)、「ザ・玉ねぎステージ藻塩添え」(300円~)、「特選玉ねぎサラダ」(300円~)などをそろえる。夜の客単価は約2,000円。

 営業時間は11時30分~15時、18時~23時。日曜・祝日定休。

SmartNews Awards 2019