買う 暮らす・働く

福岡テンジン大学、福岡の歴史を絵本に 市内小学校などに配布

福岡テンジン大学の岩永真一学長(左)と浦上千香子さん

福岡テンジン大学の岩永真一学長(左)と浦上千香子さん

  •  
  •  

 福岡の街を教室としてイベントやワークショップを開いている「福岡テンジン大学」が3月17日、福岡の歴史絵本「のったよ!ふくおかタイムスリップ号」を発行した。

 同大の歴史好きで構成するサークルメンバーで、3歳の娘を持つ専業主婦・浦上千香子さんが福岡の歴史をまとめた絵本を探していたことをきっかけに、子どもにも福岡の歴史を知ってほしいと、同大と福岡市が約1年間かけて制作した。

[広告]

 主人公の福岡市に住む小学1年生のテツヤがタイムマシンの電車「フク」と、紀元前500年ごろから現代までの福岡をたどるストーリー。金印や商人の街・博多、福岡大空襲などを分かりやすく盛り込んだ。

 「子どもはもちろん、福岡の歴史を知らない大人も楽しめる内容に仕上げた」と浦上さん。本の最後には、絵本に登場した場所や施設の紹介ページも設けた。岩永真一同大学長は「読み聞かせをした後は、親子で実際にその場所へ足を運んでみるのもお勧め」とも。

 福岡市内の小学校や総合図書館、公民館などに無料配布するほか、福岡市博物館ミュージアムショップでは100冊限定で販売も行う。価格は1,500円。

  • はてなブックマークに追加