食べる

西鉄観光列車「ザ レールキッチン チクゴ」運行開始へ 筑後の魅力発信

座席の様子(料理は春メニュー)

座席の様子(料理は春メニュー)

  •  
  •  

 西日本鉄道(福岡市中央区天神1)が3月23日から、観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ レールキッチン チクゴ)」を運行する。

車両外観

 同社初の本格的な観光列車で、既存の6050形を改造した同列車。キッチン車両とダイニング車両の3両編成で、全部で52席を設ける。ダイニングには大川家具の椅子やテーブルが並ぶほか、八女の竹を使った竹編み生地の天井や城島瓦を使った壁面など、伝統技術をあしらった内装に仕上げた。料理の取り皿は小石原焼で作り、車内クルーの制服には久留米絣をあしらうなど、各所に伝統工芸を取り入れている。

[広告]

 運行は金曜~日曜・祝日で、コースは西鉄福岡(天神)駅と大牟田駅間を運行する「地域を味わうランチの旅 -CHIKUGO LUNCH COURSE-」(福岡発・大牟田着)、「地域を味わうディナーの旅 -CHIKUGO DINNER COURSE-」(大牟田発・福岡着、以上8,000円)、西鉄福岡(天神)駅と太宰府駅間を運行する「地域を味わうブランチの旅 -DAZAIFU BRUNCH SET-」(福岡発・太宰府着、3,000円、価格は全て税抜き)の3つを用意する。

 ランチとディナーでは、列車内にある窯で焼いたピザをメインに、沿線地域の食材を使ったオリジナルコース料理を提供する。3月~5月は、八女市産のタケノコと大木町産のアスパラガスを使ったピザや、博多和牛に柳川市産の「お刺し身海苔」をあしらった和牛のロースト、うきは市の洋菓子店「cake.cafe.miel(ミエル)」が手掛けるマカロンやクッキーなどのプティフル、八女市の茶屋「中村園」オリジナルのブレンドハーブティーなどを提供する。今後、夏(6月~8月)、秋(9月~11月)、冬(12月~2月)と、季節ごとにメニューを変更するという。

 ブランチでは久留米市のパン店「シェ・サガラ」の相良一公さんが監修した「ゆずドック」と、久留米市のコーヒー店「コーヒーカウンティ」オリジナルのブレンドコーヒーを提供する。

 事業創造本部観光・レジャー事業部観光列車プロジェクト担当課長の吉中美保子さんは「THE RAIL KITCHEN CHIKUGOは、職人や生産者をはじめとした地域の多くのみなさまのご協力でここまできた。多くの方の思いが詰まった同列車を、何としても成功させたい。沿線地域の魅力と思いが詰まった列車に、ぜひ一度ご乗車いただけたら」と呼びかける。

 運行開始日は、ランチ・ディナーコースが3月23日~、ブランチコースは6月1日~。予約は運行3カ月前の毎月1日に、1カ月分をウェブサイトで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加