映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」CGディレクターが講演

デジタルハリウッド福岡校で映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」CGディレクターが講演 ©ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ製作委員会

デジタルハリウッド福岡校で映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」CGディレクターが講演 ©ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ製作委員会

  •  
  •  

 デジタルハリウッド福岡校(福岡市中央区天神1)で1月12日、映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」のCGディレクター・池田正憲さんを迎えて特別セミナーを開講する。

 池田さんは、映画「デスノート(前編、the last name)」「APPLESEED」「エクスマキナ」などのCG制作を手がける映像制作会社のデジタル・フロンティア(東京都目黒区)に所属、フルCG映画「ほのぼの~クモモの木のこと~」(2002年)のCGディレクター、フジテレビお台場冒険王「北斗の拳 英雄伝~台場の章~」(2006年)ディレクターなど数々の作品制作に関わる。

[広告]

 今回のセミナーでは、同映画の制作の裏側や、CGの見せ所などを制作の視点に立った映画紹介を行なう。参加無料で、同校受講生以外も受講できる。

 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」は、映画「偶然にも最悪な少年」の市原隼人さん、「アヒルと鴨のコインロッカー」の関めぐみさん、「恋空」などの三浦春馬さんら若手俳優が出演している。市原さん演じる平凡な高校生山本陽介の前に現れた、関さん演じる雪崎絵里は夜な夜なチェーンソーを振り回す男と戦っている。「ヤツを倒さなければ俺たちに明日は来ない…」と聞き、2人は戦いに没頭していく…。滝本竜彦さん原作。

 1月19日より、シネ・リーブル博多駅ほかで公開。参加申し込みは、電話、同校ホームページで受け付ける。

世界的デザイナー、トード・ボーンチェさんが講演-学生ら80人参加(天神経済新聞)映画「レミーのおいしいレストラン」アニメーターが授業-デジハリ福岡校(天神経済新聞)映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」公式サイトデジタルハリウッド

  • はてなブックマークに追加