西鉄のICカード「nimoca」-5月18日から電車・バスで導入へ

西鉄がICカード「nimoca」を5月18日より導入。写真=クレジットnimoca

西鉄がICカード「nimoca」を5月18日より導入。写真=クレジットnimoca

  • 0

  •  

 西日本鉄道(福岡市中央区天神1)は5月18日より、ICカード「nimoca(ニモカ)」の導入を開始する。

 カードの種類は、電車やバスで利用できる基本の「nimoca」と、さらに買い物でのポイント機能を追加した「スターnimoca」、この「スターnimoca」にクレジット機能を加えた「クレジットnimoca」の3種。基本タイプとポイント機能付きタイプは小児用も販売する。

[広告]

 同日から利用できるのは、電車=太宰府線・甘木線を含む天神大牟田線全61駅(貝塚線は2010年春に導入予定)、バス=福岡都心部の7路線の全152台、商業施設=博多大丸、三越、ソラリアプラザほか10施設ほか。

 カード販売価格は、「nimoca」「スターnimoca」とも2,000円。利用可能額は1,500円で500円はカード払戻しの際に返金されるデポジットとなる。同社は、同カードのサービス内容などの案内専用サイトを立上げ、カード利用の促進を図る。

西鉄グループ「ICカード」の名称・デザイン決定-来春導入へ(天神経済新聞)買い物客に帰りの乗車券進呈-公共交通機関利用促進図る(天神経済新聞)ソフトバンク川崎選手の人気写真が「よかネットカード」に-西鉄が限定発売(天神経済新聞)nimoca西日本鉄道

  • はてなブックマークに追加