天神で博多織ウエディングドレスを展示-草木染め体験も

アクロス福岡で博多織ウエディングドレスを展示

アクロス福岡で博多織ウエディングドレスを展示

  •  
  •  

 アクロス福岡(福岡市中央区天神1)2階の匠ギャラリーで5月27日より、西村織物(筑紫野市紫7)の作品展「遙かなる夢 博多織ストーリー」が開催されている。

 同社は1861年の江戸末期に創業した老舗の博多織屋で、2005年より新規市場開拓などを目的に博多織工業組合などが取り組んでいる「21世紀博多織JAPANブランド」プロジェクトにも参加している。同展では、同プロジェクトで制作した、献上柄をあしらったウエディングドレスやカクテルドレス7点のほか、博多織の帯、草木染めを施したジャケットやスカーフなど計300点を展示販売している。

[広告]

 会場には、デザインを学んでいる学生をはじめ、幅広い年齢層の人が来場しており、桜染めのドレスや洗濯で起こす藍染めの生地の色移りの心配も考慮したドレスなど、色とりどりのドレスがひときわ来場客の目を引いている。同社の西村照子さんは「お客様の好みで、世界に一つのオリジナルの柄の生地が出来上がる点が博多織ウエディングドレスの良さ。デザインを描いてきてもらっても構わない」という。

 会場に設けた草木染めの体験コーナーでは、スカーフの染めに挑戦できる。西村さんは「若い世代の方も、まずは一番身近な浴衣をきっかけに着物文化に親しんでほしい」と話している。

 開催時間は10時~18時(最終日は16時まで)。6月1日まで。

「博多織ドレス」の新作を発表-博多織がブライダル市場へ参入(天神経済新聞)西鉄グランドホテルのスイートルームに「博多織」-市場開拓の一環で(天神経済新聞)天神で「博多織」専門学校第1期生の卒展-「博多織」人材育成で(天神経済新聞)西村織物21世紀博多織JAPANプロジェクト

  • はてなブックマークに追加