福岡市美術館で「浮世絵名品展」-ボストン美術館収蔵136点

福岡市美術館で「ボストン美術館 浮世絵名品展」が開催

福岡市美術館で「ボストン美術館 浮世絵名品展」が開催

  • 0

  •  

 福岡市美術館(福岡市中央区大濠公園1)で7月12日より、「ボストン美術館 浮世絵名品展」が開催されている。

[広告]

 同展では、5万点にも上る浮世絵版画などの収蔵するボストン美術館の「過去5年間、今後5年間も展示予定がない」(福岡市美術館学芸員の岩永悦子さん)という、ボストン美術館でも見られない日本初公開作品など計136点を展示している。

 館内は、「浮世絵初期の大家たち」「春信様式の時代」「錦絵の黄金時代」「幕末のビッグネームたち」と4章に分け、墨一色で始まった初期から、「絵暦交換会」が流行し、多色摺(ず)りの技術が発展した1765年、東洲斎写楽、喜多川歌麿などが登場した黄金期、葛飾北斎、歌川広重などの絵師が活躍した江戸時代後期に至るまで、浮世絵の歴史が分かる構成となっている。

 写楽の代表的な作品や葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の摺り順序が分かるコーナーなどが特に人気で、各作品を熱心に鑑賞する来館客の姿が見られる。

 開館時間は9時30分~19時30分(日曜・祝日は17時30分まで)。月曜休館。料金は、一般=1,300円、高大生=800円、小中生=500円。8月31日まで。

日仏の融合「フレンチ浮世絵展」-酒で溶いて描いた作品も(天神経済新聞)福岡市美術館で企画展「イケメン大集合」-所蔵作品から34点展示(天神経済新聞)子ども対象に作品解説-福岡市美術館、ギャラリーツアー実施へ(天神経済新聞)アートを巡るスタンプラリー「福岡アート・ウォーク」、今年も10月開催へ(天神経済新聞)福岡市美術館

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース