天神で障害者アート作品展-Tシャツブランドとのコラボ商品販売も

「いろんなカラーを楽しんで」とNPO法人まる代表理事の樋口龍二さん(左)

「いろんなカラーを楽しんで」とNPO法人まる代表理事の樋口龍二さん(左)

  •  
  •  

 イムズ(福岡市中央区天神1)5階で7月19日より、障害者のアート作品などを展示する「エイブルアート・カンパニー エキシビション08『COLORS』」が開催されている。

 エイブルアート・カンパニーは、アート活動を行う障害者のビジネスサポートを行う組織で、たんぽぽの家(奈良県奈良市)が本部となり、エイブル・アート・ジャパン(東京都中野区)、NPO法人まる(福岡市南区)の3団体で昨年4月に設立した。

[広告]

 公募などで集まった20~60代までの障害を持つ32人がアーティストとして所属しており、各メンバーが所属する施設などで描いた個性豊かな作品を企業のノベルティーや広報誌の表紙などへ2次利用展開を行い、障害者アートのビジネス確立を目的に活動している。

 同展は昨年、東京・代官山で第1回目が行われ、福岡での開催は初。昨年、3団体の1つ「まる」がイムズに期間限定ショップを単独で出店した際、1,300人を動員し、好評だったことから、今回の開催が決まったという。

 会場では、メンバーが制作した平面絵画や書などの作品96点を展示しているほか、「デザインTシャツストア グラニフ」「Laundry」など7ブランドとコラボしたTシャツ(2,625円~7,800円)23種やポストカード、キーホルダーなどの雑貨180点を販売している。感性のまま、色彩豊かに描かれた作品やTシャツが来場者を魅了している。

 まる代表理事の樋口龍二さんは「テーマ『COLORS』とはいろんな人、ブランド、色彩を楽しんでほしいとの思いから。障害者施設に埋もれているアート作品や才能を見つけ、今後もビジネスの域を広げていきたい」と意欲をみせる。

 営業時間は10時~20時。今月27日まで。

学習障害を持つ画家「マッケンジー・ソープの世界展」-県立美術館(天神経済新聞)福岡競艇と障害者アーティスト集団がコラボ-場内壁面でアートライブ(天神経済新聞)障害者5人のアート作品を展示-斬新な視点で「こだわり」描く(天神経済新聞)障害者施設のアート作品を集めコラボ企画展-イムズで開催(天神経済新聞)イムズ

  • はてなブックマークに追加