カフェでブラジル音楽ドキュメンタリー映画上映-FM公開録音も

カフェでブラジル音楽のドキュメンタリー映画を上映

カフェでブラジル音楽のドキュメンタリー映画を上映

  •  
  •  

 天神エフエムは3月30日、雑誌「エスクァイア」、移動式の映画上映を行っている「69'nersFILM(シックス・ナイナーズ・フィルム)」と合同で、ブラジル音楽界のトップで活動する歌手カエターノ・ヴェローゾさんのドキュメンタリー映画「カエターノ・ヴェローゾ『粋な男』ライブ」(2003年・ブラジル)の上映イベントを開催する。会場は、薬院の「Dalahast Cafe(ダーラヘストカフェ)」(薬院3、TEL 092-526-6639)。

 カエターノさんは、1960年代後半にボサノバシンガーとして活動を開始。ブラジルでカルチャームーブメント「トロピカリア」を起こし、音楽シーン以外でも影響を与えたといわれている。日本では、ウォン・カーウァイ監督の映画「ブエノスアイレス」、ペドロ・アルモドバル監督の映画「トーク・トゥ・ハー」などの劇中歌として使われていたこともあり、広く知られるようになった。

[広告]

 同作は、カエターノさんの1995年リオデジャネイロで行ったライブの模様を追ったドキュメンタリーで日本未公開作品。ライブでは、アルバム「粋な男」の楽曲など計16曲を披露している。全編日本語字幕付き。

 当日は、上映前に同局の番組「ボサノヴァ旅館いそしぎ」の公開録音も行う。同番組のDJ・西島浩一朗さんが、ブラジル音楽の魅力や同作の見どころなどを紹介する予定だという。

 同局編成企画室の三好剛平さんは「自然のことや恋愛などをテーマに書いた詞がカエターノの魅力。ブラジル音楽ファンはもちろん、あまり知らない方もこの機会にカフェでボサノバ音楽を身近に感じていただければ」と話す。

 開演は20時。料金は2,000円(要1オーダー)。予約・問い合わせは同店まで。

  • はてなブックマークに追加