学ぶ・知る

天神で「東日本大震災報道写真展」-復興に向かう姿など60点

第93回全国高校野球選手権宮城大会開会式で、横断幕を持って入場行進する石巻工高の選手たち

第93回全国高校野球選手権宮城大会開会式で、横断幕を持って入場行進する石巻工高の選手たち

  •  
  •  

 アクロス福岡(福岡市中央区天神1)2階交流ギャラリーで3月22日より、「東日本大震災報道写真展~あの日から1年、心に刻む~」が開催される。

 昨年3月11日に発生した東日本大震災。同展では、昨年8月に岩手県陸前高田市で行われた「うごく七夕まつり」、小学校の卒業式で涙を流しながら校歌を歌う女の子、第93回全国高校野球選手権宮城大会開会式で「あきらめない街・石巻!!」とのメッセージを書いた横断幕を持って入場行進する石巻工高の選手たちなど、朝日新聞社のカメラマン・記者が撮影した写真約60点を展示する。

[広告]

 「新聞社として大震災でなにが起きたのかを伝える使命の一つの形が報道写真展。あらためて震災のもたらしたものを考えるとともに、復興に向けての思いを新たにしていただけたら」と担当者。

 会場では、被災地支援に充てる募金箱も設置。募金をすると、被災地でボランティア活動に取り組むほか、震災をテーマにした作品を発表している漫画家・しりあがり寿さんのポストカードを各日先着100人に進呈する。

 開催時間は10時~18時(最終日は15時)。今月27日まで。

  • はてなブックマークに追加