福岡市動物園お手製の「ヘビの抜け殻」金運お守り 年末ジャンボに向け配布

福岡市動物園お手製の「ヘビの抜け殻お守り」

福岡市動物園お手製の「ヘビの抜け殻お守り」

  •  

 福岡市動物園(福岡市中央区南公園)は11月25日・28日、「ヘビの抜け殻お守り」の配布イベントを行う。

2カ月に1回程度脱皮するというヘビの抜け殻

 25日から販売が開始される「年末ジャンボ宝くじ」にちなんで初めて開催される同企画。「ヘビの抜け殻を財布に入れておくと金運が上がる」といわれていることから、同園が飼育する黄金色のビルマニシキヘビの抜け殻を使って、「特製の金運お守り」を制作した。

[広告]

 同園で飼育しているビルマニシキヘビは2匹。うち1匹はアルビノ(色素欠乏症)で黄金色をしており、園内で行われている特別イベントなどで公開されている。

 各日先着100人に、は虫類舎前で配布する。配布時間は各日10時~10時30分。ヘビへのタッチング体験なども予定する。

 開園時間は9時~17時。入園料は、大人=400円、高校生=200円、中学生以下無料。