学ぶ・知る

熊本へ広がる支援 福岡市、旧大名小で物資受け入れ開始

物資受け入れ場所の旧大名小に続々と支援物資を運んでくる市民ら

物資受け入れ場所の旧大名小に続々と支援物資を運んでくる市民ら

  •  
  •  

 福岡市は4月17日、市民や企業から熊本地震被災地への救援物資の受け入れを始めた。

 受付場所は、旧大名小学校(福岡市中央区大名2)で、受け入れ対象の物資は生理用品、おむつ(子供用・大人用)、トイレットペーパー、タオル、毛布(以上、全て未使用・未開封のもの)、ペットボトルの水(未開封で賞味期限内のもの)。

[広告]

 同校の教室や体育館が物資の受取場所となっており、ボランティアや市職員らが種類別に分類している。17日には防災ヘリが水を被災地へ運んだほか、18日朝には昨日市民らが持参した物資を積み込んだ4トントラック2台が出発したという。

 赤ちゃんを抱えた春日市の30代女性は「赤ちゃんがいるお母さんが不安だろうなと思って」とおむつとタオルを持ってきたという。ツイッターで物資の受け入れを知ったという糸島市の20代男性は「自分も新社会人で同期が熊本の避難所にいる」と明かし、自身も熊本への配属が決まっており、明日熊本へ向かうという。「少しでも役に立てれば」と話した。

 19日以降の受け入れ時間は10時~20時。福岡市市民局コミュニティ推進部の藤本広一さんは「当面は継続していく予定」という。

  • はてなブックマークに追加