見る・遊ぶ

NHK福岡放送局、六本松・大濠エリアを舞台にドラマ制作

六本松・大濠エリアを舞台にしたドラマ「六本松愛し方改革」

六本松・大濠エリアを舞台にしたドラマ「六本松愛し方改革」

  •  

 NHK福岡放送局が、六本松・大濠エリアを舞台に、ドラマ「六本松愛し方改革」を制作した。

奈緒さんと緒方賢一さん

 六本松は2017年3月まで九州大学のキャンパスがあり、学生の街としてのたたずまいも残す一方、九州大学移転後は、福岡市科学館や商業施設のオープンなど再開発が進んでいる街。新旧の雰囲気が入り混じるエリアで、「面白くてちょっと泣ける」をテーマにリアルとファンタジーが融合した「ちょっと懐かしく甘酸っぱいドラマ」として、全5回・1回5分のドラマを制作する。

[広告]

 主演は、NHK連続テレビ小説「半分、青い」にも出演している福岡出身の俳優・奈緒さんが「街ブラロケをする」という設定で、本人役で登場。「名探偵コナン」の阿笠博士の声優などとして出演している、同じく福岡出身の俳優・緒方賢一さんも出演する。撮影は6月13日から17日までの5日間、同局社屋や六本松・大濠エリアで行った。

 同局広報によると、「放送局があるエリアを舞台にドラマを作るのは全国のNHKでも初めて。地元に根差した放送局として六本松地域に、そして福岡により貢献したいという思いから制作に至った。このエリアをよく知る方にもそうでない方にも楽しんでもらえるドラマになっているのでぜひ観てほしい」と語る。

 放送は、総合テレビ(福岡県域)で8月4日から毎週土曜、12時40分~45分に放送。各話放送後にはスピンオフ動画をホームページで公開予定。