暮らす・働く

福岡にコミュニティー型ワークスペース「WeWork 大名」 九州初拠点

「WeWork Japan」CEOのクリス・ヒルさんと外観の様子

「WeWork Japan」CEOのクリス・ヒルさんと外観の様子

  •  

 コミュニティー型ワークスペース「WeWork(ウィーワーク)大名」(福岡市中央区大名1)が12月3日、オープンした。

2階の様子

 「WeWork」は米ニューヨークに本社を構え、今年9月時点で24カ国83都市335拠点以上のコミュニティー型ワークスペースを運営している。ベンチャー企業や大企業、フリーランスなど、31万人以上が参加しているという。「WeWork Japan」(東京都港区)は今年2月に日本初の拠点を東京・六本木に開設し、国内は現在都内に8拠点と、横浜、大阪があり、福岡は初の拠点となる。

[広告]

 大名にある5階建てのビル1棟全フロアで、内装は「宇宙空間」をデザインテーマに、壁にはUFOや太陽などをかたどったカラフルなネオン管を飾る。1階・2階には共用スペース「ホットデスク」と、2階の一部には専用のワークスペースとして使える「専用デスク」を設ける。

 3階~5階には1人~10人以上のチーム向けの個室を設けた「プライベートオフィス」を用意する。デスク数は施設全体で約340席。そのほか、コーヒーやビールなどを提供する「パントリーエリア」なども開設。受付には9時から18時までスタッフが常駐し、利用者同士のコミュニティーづくりの手助けなども行う。

 施設の利用の際には「Weメンバーシップ」の会員になる。メンバーが参加できるさまざまなイベントも開催し、国内外にある他の拠点のイベントにも参加できる。

 利用料金(月額)は、ホットデスク=6万5,000円(税抜き)~。見学ツアーなど申し込みはウェブサイトから受け付ける。