3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

「はたらく細胞BLACK」×福岡市 漫画を活用し乳がん検診の啓発行う

TSUTAYA天神ショッパーズ福岡のタイアップ漫画特設コーナー

TSUTAYA天神ショッパーズ福岡のタイアップ漫画特設コーナー

  •  
  •  

 福岡市が推進する「福岡市乳がん検診受診率向上プロジェクト」が漫画「はたらく細胞BLACK」著者による完全オリジナルストーリータイアップ漫画を制作し、3月2日、福岡市内のTSUTAYA全店などで無料配布が始まった。

 福岡市のがん検診の受診率は全国平均を下回っている状態で、がん検診の受診率向上を目的とした広報啓発の一環として今回初めて漫画を活用する。同プロジェクトは、福岡市民の乳がん検診受診率向上を目的に昨年立ち上げられ、福岡市、九州TSUTAYA、講談社、福岡ソフトバンクホークスで構成される。

[広告]

 人気コミック「はたらく細胞」は、細胞を擬人化し人間の体内のメカニズムを描いた作品で、「はたらく細胞BLACK」は同コミックの公式スピンオフ作品。今回のタイアップ漫画は、「はたらく細胞BLACK」著者の原田重光さん、初嘉屋一生さんによる完全オリジナルストーリー。乳がんに特化した内容で、がん細胞が増殖するまでの様子やがん検診の重要性などが分かりやすく描かれている。市では、この漫画を活用し市民へがん検診の啓発を行う。

 期間中、福岡市内のTSUTAYA全店(12店)にタイアップ漫画特設コーナーを設け、無料配布を行う(数量限定)。さらに、福岡市内のドラッグイレブン一部店舗で設置・配布するほか、公民館や図書館など市関連施設や医療機関に順次配布する。

 福岡市保健福祉局の平田俊浩さんは「福岡市で乳がん検診をやっていることや、なぜ定期的な乳がん検診が大事なのかを、漫画を手に取ってもらい知ってもらいたい。福岡市在住の満40歳の方には、6月ごろ乳がん検診無料クーポンを送っている。手始めに受けてみてほしい。2年に1回検診する、という習慣がついてもらえたら」と呼び掛ける。

 福岡市内TSUTAYA全店での特設コーナー設置は3月31日まで。

Stay at Home