食べる

岩田屋三越がおせち料理の予約受け付けを開始 福岡の料亭のおせちなど209種類

「西鉄グランドホテル ラ・カスカドゥ」の「永川料理長監修 洋和おせち三段」

「西鉄グランドホテル ラ・カスカドゥ」の「永川料理長監修 洋和おせち三段」

  • 8

  •  

 岩田屋三越(福岡市中央区天神2)が今年のおせち料理の販売について、ウェブでの予約を10月7日から、店頭での予約を10月14日から始める。毎年行列のできる「料亭 老松 和風ミニおせち(博多雑煮2人前付き)」のみ、店頭での抽選販売申し込みを9月30日~10月4日に受け付ける。

「老松」の「料亭 老松 和風ミニおせち(博多雑煮2人前付き)」

 今年のおせち料理は、博多の伝統的なおせちや福岡・全国の名店のおせちなど、新規29種類を含む計209種類をそろえる。

[広告]

 配送商品の「冷凍・真空おせち」は昨年の1.5倍以上となる全32種類を用意。「西鉄グランドホテル ラ・カスカドゥ」の「永川料理長監修 洋和おせち三段」(岩田屋三越限定、30セット限定、4万8,600円)、「湯布院長寿畑」の「三段重おせち」(10セット限定、3万2,184円)、「誠和」の「迎春おせち」(20セット限定、1万5,444円)などをそろえる。

 1~2人前の「少人数おせち」では、「タカクラホテル福岡」の「岩田屋限定おせち」(岩田屋限定、40セット限定、2万1,600円)、「京・のむら」の「宴(うたげ)」(35セット限定、1万1,880円)、「プロヴァンス」の「大晦日(おおみそか)から楽しむオードブルおせち(カレー付き)」(40セット限定、2万2,680円)などをそろえる。そのほか、一の重・二の重ともに同内容が少量ずつ入ったおせちや、10万円以上のおせちなども用意する。

 予約は、新型コロナウイルスの感染予防対策として、店頭での混雑を避けるため3段階に分けて行う。9月30日~10月4日は、毎年行列ができる老舗料理店「老松」の「料亭 老松 和風ミニおせち(博多雑煮2人前付き)」(岩田屋限定、150セット限定、1人1セット限定)のみを、店頭で抽選販売の申し込みを受け付ける。10月7日からはウェブ対象商品の予約を受け付け、「料亭 老松 和風ミニおせち(博多雑煮2人前付き)」の先着販売(岩田屋限定、200セット限定、1人5セット限定、以上1万2,960円)も受け付ける。10月14日からは店頭での注文予約を受け付ける。

 営業時間は10時~20時。ウェブでの予約は12月13日17時、店頭予約は12月20日17時まで。

Stay at Home