見る・遊ぶ

天神で展覧会「進撃の巨人展FINAL」 福岡限定の原画やジオラマシアターなど

「進撃の巨人展FINAL」東京会場の様子 ©諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会

「進撃の巨人展FINAL」東京会場の様子 ©諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会

  • 12

  •  

 展覧会「進撃の巨人展FINAL ver.福岡」が11月28日から、西鉄ホール(福岡市中央区天神2)で開催される。

 「進撃の巨人」は、圧倒的な力を持つ巨人とそれにあらがう人間たちの戦いを描いた諫山創さん原作のダークファンタジーバトル漫画。同展は東京・大阪・神戸を巡回し、福岡では初開催となる。

[広告]

 会場では、福岡会場限定の原画をはじめ、これまでの物語を振り返るオープニングシアター、「進撃の巨人」の世界を体験できるジオラマシアター、物語に登場する「エルディア語で書かれた本」「兵士のマント」「地下室の鍵」などのアイテム、諫山創さんへのインタビュー映像、10年分のネームなどを展示する。

 グッズショップ「リーブス商会フクオカ出張所」では、「8連ポストカードセット/アニメ描き下ろし」(990円)や「クリアファイルホルダー付き28枚セット」(1万1,000円)、「ビッグショッパー」(1,650円)など100種以上を販売する。

 開館時間は12時~20時(入場は19時30分まで)。観覧料は、一般・大学生=1,300円、中高生=1,000円、4歳~小学生=600円。日時指定入場制のためウェブサイトから要事前予約。12月27日まで。