買う

新天町商店街に「みちのく夢プラザ」移転 青森・岩手・秋田の食品、伝統工芸品そろう

店舗外観

店舗外観

  • 207

  •  

 北東北3県の特産品を販売する「みちのく夢プラザ」アンテナショップ(福岡市中央区天神2、TEL 092-736-1122)が4月1日、新天町商店街に移転オープンした。運営は「岩手県産」(岩手県紫波郡)。

1階店内

 「みちのく夢プラザ」は、青森県・岩手県・秋田県合同の情報発信拠点。1999(平成11)年2月に天神の明治通り沿いにオープンし、2016(平成28)年には来客者数250万人を達成した。今回、福岡市の推進する「天神ビッグバンプロジェクト」による入居ビル建て替えに伴い、今年3月14日をもって前店舗での営業を終了し、移転した。

[広告]

 新店舗は1階に食品を中心とした物産品、2階は工芸品・民芸品を販売し、約600商品をそろえる。店舗出入り口には、ねぶたの顔、虎舞、なまはげ、小サイズの立佞武多(たちねぷた)が飾られており、商店街を行き交う人の目を引いている。

 1階では、せんべい汁セット、リンゴやリンゴを使った商品、にんにく、鮭とば、盛岡冷麺にじゃじゃ麺、しめさば、くるみゆべし、いぶりがっこ、稲庭うどん、比内地鶏、はちみつなどの人気商品や看板商品をはじめ、米、肉、魚の缶詰、だし、調味料、おつまみ、菓子、ジュースなどそろう(酒類の販売は4月14日から)。季節商品のコーナーや、全国区人気商品を目指すチャレンジコーナーなども設ける。

 2階の伝統工芸品・民芸品は、移転で品ぞろえを増やした。秀衡塗、津軽塗、川連塗の漆器、南部鉄器の急須や風鈴、久慈琥珀のアクセサリー、曲げわっぱ、あけび蔓細工の手提げ、樺細工の茶筒、津軽びいどろ、津軽金山焼、こぎん刺しのボタンなどを展示販売する。青森ひばのまな板や枕、秋田犬グッズなどもそろえる。2階奥では現在、観光PR展「北東北三県・春の絶景パネル展」を開催している(4月27日まで)。

 店長の佐藤公則さんは「移転して、店をご存じだった方も初めて知る方もいらっしゃると思うが、3県のことをどんどん知ってもらい、好きになってもらいたい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時30分~19時。第1・3・5月曜定休(祝日除く)。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース