3密を避けて新しい生活様式へ!

特集

九州のクリエーターが集結
「レスキューTシャツプロジェクト」

  •  
  •  

■デザイナーの思いをTシャツに

九州を拠点に活動するクリエーターらで構成する九州アートディレクターズクラブ(K-ADC)とディスカウントストア「MrMax(ミスターマックス)」が共同で展開しているチャリティー企画「K-ADC RESCUE T SHIRT PROJECT(レスキューTシャツプロジェクト)」。2010年より実施している取り組みで、同クラブ(開催当初は福岡アートディレクターズクラブ)に所属するデザイナー、アートディレクター、コピーライターらがメッセージを込めたオリジナルのイラスト入りのTシャツをMrMax全店、オンライショップで 1枚500円でチャリティー販売している(無くなり次第終了)。


「福岡を盛り上げよう」と模索している同クラブにミスターマックスからチャリティーの提案を受けたことをきっかけに始まった。気軽に参加できるものが良いと商品をTシャツに決め、クリエーター29人が参加。29種類のTシャツを販売し、売り上げの一部は世界の子どもたちへの支援活動に充てるNPO法人「子供地球基金」に寄付した。


翌年も同様にプロジェクトを進めていたが、東日本大震災が発生。プロジェクトのテーマを「着ることでできること」に据え、35人のデザイナーがTシャツを制作。売り上げの一部である約485万円を日本赤十字社に寄付し、店頭での募金もほぼ同額集まったという。


「クリエーターならではのチャリティーの形」と話すのはアートディレクターで同プロジェクトの広報を担当する稲田ゆきこさん。「それぞれのデザインテーマは重たいが、ポップなデザインで好評だった」と笑顔を見せ、「家族でおそろいにする方、チームのユニフォームとして購入する方もいてうれしい」と振り返る。


■新しいチャリティーを形に

マフラーを巻き、雪だるまになったホッキョクグマ――絶滅危惧種に指定されているホッキョクグマが描かれたTシャツ「RESCUE:KUMADARUMA」は、地球温暖化を訴えるメッセージが込められている。違法ダウンロードへの警告をイラストに込めた「RESCUE:MUSIC」では、レコードの上でヘッドフォンをしたお化けがニヤリ。


3回目を迎える今回のテーマは「今の時代に救いたいモノやコト」。35人のクリエーターが参加し、「クリエーターのプライドにかけて、クオリティーが高いものしか出したくない」と選考会で選ばれた38種類のTシャツがそろった。


「猫が大好き」という稲田さん(写真右)は「RESCUE:いのちの責任」をテーマに掲げた。ピンにぶらさがる猫を「バッジ」に見立てたデザインなど2種類を制作。「人間の都合で飼えなくなったペットを動物愛護管理センターに持ち込む、アクセサリー感覚でペットを飼う人が多い」と稲田さん。「取り外す事のできないこの『猫バッジTシャツ』を着るたびに、命の責任を感じてほしい」という。


「単純にカワイイから着るという、手に取った消費者の反応はクリエーター冥利に尽きる」と稲田さん。「忘れがちなことを再認識してもらえる、新しいチャリティーの形として続けていきたい」と話す。




取材・文/編集部 秋吉真由美




  • はてなブックマークに追加
Stay at Home