西鉄グループ、タクシー需要予測する「AIタクシー」を試行運行 NTTドコモと連携

  •  

 西鉄グループは1月10日、AI技術でタクシーの需要予測を行う「AIタクシー」の試行運行を始めた。

 「AIタクシー」はNTTドコモの携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作られる人口統計データ、タクシーの運行データや気象データなどをもとに現在から30分後までのタクシー乗車需要を予測するもので、NTTドコモ九州支社(福岡市中央区渡辺通2)と連携して取り組む。

[広告]

 西鉄は、福岡西鉄タクシー車内に設けたタブレット上に表示される予測情報をもとに運行し、運行データを提供する。AIタクシーの活用で、効率的な運行によるCO2削減や利便性向上などが見込めるという。