見る・遊ぶ

天神で「女性伝統工芸士展」 博多人形や京友禅など27人の作品一堂に

「讃岐かがり手まり」香川県伝統工芸士の荒木永子さん

「讃岐かがり手まり」香川県伝統工芸士の荒木永子さん

  •  
  •  

 「第23回女性伝統工芸士展~作家とともに~」が6月12日から、アクロス福岡(福岡市中央区天神1)で開催されている。

会場の様子

 全国の女性伝統工芸士・作家の作品を一堂に集めた同展。2階「交流ギャラリー」と「匠(たくみ)ギャラリー」をメイン会場に、2階「メッセージホワイエ」と「セミナー室2」、1階「コミュニケーションエリア」の5会場で展開する。1997(平成9)年から毎年開かれており、今年で23回目。

[広告]

 今回は、初出展の有松鳴海絞(愛知)と讃岐かがり手まり(香川)をはじめ、博多人形(福岡)、三川内焼(長崎)、京友禅(京都)、信州紬(つむぎ)(長野)など15都府県から21工芸品、27人の女性伝統工芸士と女性工芸作家が出展する。

 会場では、伝統工芸士・作家による制作実演や作品の解説を日替わりで行うほか、「伊万里・有田焼 マグカップの下絵付け体験」などの体験教室も開く。

 開催時間は10時~18時(最終日は16時まで)。入場無料。体験教室は有料で、前日までにウェブサイトで参加申し込みが必要。今月17日まで。

  • はてなブックマークに追加