食べる

地域情報誌「ナッセ」が「デリバリー&テイクアウトサービス」 メルチャリなど3社連携

利用店舗メニューの一部

利用店舗メニューの一部

  • 12

  •  

 「サンマーク」(福岡市中央区大名1)が「neuet」(東京都港区)、「タイミー」(渋谷区)と連携し、3月16日、「デリバリー&テイクアウトサービス」を始めた。

 地域情報誌「ナッセ」を運営する同社。「福岡グルメを全力応援します」をテーマに、シェアサイクルサービス「メルチャリ」を運営するneuet、バイトマッチングアプリ「タイミー」を運営するタイミーと連携し、新型コロナウイルスの影響で予約キャンセルや来店減少に悩む飲食店の応援ができればと始めた。

[広告]

 サンマークが飲食店へ声掛けし、サービスの特設サイトを運営。飲食店は手数料無料で掲載し利用することができる。サイトではデリバリー、テークアウトの利用申し込みに加え、参加を希望する飲食店も受け付ける。

 参加店舗は中央区と博多区の飲食店で、「あんざ 天神今泉店」(福岡市中央区今泉1)、「しゃぶ禅 花柚香大丸福岡天神店」(天神1)、「益正 祇園店」(博多区祇園2)、「海鮮居酒屋 この上」(千代4)など。デリバリーの配達対象エリアは中央区と博多区。1店舗につき2,000円以上の注文から対応する。配達料は500円~。

 サンマーク社長の阿多浩一さんは「少しでも飲食店の応援ができれば、福岡の街を楽しく元気にできればと始めたサービス。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外食に行きたくても行けなくなった方々に利用してほしい。この機会にたくさんの人にデリバリーやテークアウトを活用し、楽しいひとときを過ごしていただければ」と利用を呼び掛ける。

 デリバリーは平日11時~19時。テークアウトは店舗により営業時間が異なる。サービス運用期間は未定。状況により決定する。