3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

福岡市内の飲食店10店舗が共同で「テイクアウトFUKUOKA」 完全予約制で販売

参加飲食店の代表者、左から「クボカリー」「赤坂こみかん」「炉端 百式」「餃子のラスベガス」「そいさぼ」

参加飲食店の代表者、左から「クボカリー」「赤坂こみかん」「炉端 百式」「餃子のラスベガス」「そいさぼ」

  •  
  •  

 新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う外出自粛、緊急事態宣言を受け、福岡市内の飲食店10店舗が共同で現在、テークアウトメニューを販売する企画「テイクアウトFUKUOKA」を行っている。

 「餃子(ギョーザ)のラスベガス」(福岡市中央区大名1)オーナーの川瀬一馬さんが発起人となり、「炉端 百式」「赤坂こみかん」に声を掛け、飲食店仲間と共に何かできることはないかと話し合い、皆で支え合おうと立ち上げた同企画。

[広告]

 参加店舗は、「餃子のラスベガス」「赤坂こみかん」「炉端 百式」「そいさぼ」「博多 だるま」「FIGO」「赤坂けやき通り村田」「酒と飯 トキシラズ」「クボカリー」など、現在10店舗。一部店舗を除き、店舗での営業自粛をしており、当面の間テークアウト販売を行う。当初5店舗からスタートした活動も徐々に広がりを見せ、参加店舗は現在も増えているという。

 公式サイト、フェイスブックに弁当や一品メニューなど参加店舗のテークアウトメニューを公開している。利用方法は、公式サイト内のメールまたは電話で注文を受け付けており、商品の販売・受け渡しは「餃子のラスベガス」前で行う。販売は前日予約のみの完全予約制。

 川瀬さんは「私たち飲食店も大変だけど、みんなも大変だと思うので、(テークアウトで)お互いを支え合いたい。ずっとテークアウトをやって盛り上げてもいけないし、相反する部分もある。状況が落ち着いたら、いつの日か店でみんなと乾杯できれば」と思いを語る。

 受け渡し時間は16時~19時。注文は、電話(TEL 092-707-3898、14時~24時)、メール(前日24時まで)で受け付ける。

Stay at Home