食べる

福岡に「タイ屋台料理 ガムランディー 天神西通り店」 自家栽培タイ野菜を使用

店舗外観

店舗外観

  • 13

  •  

 「タイ屋台料理 ガムランディー 天神西通り店」(福岡市中央区大名2、TEL 092-791-9539)が9月9日、オープンした。

店舗内観

[広告]

 同店は、8月までの期間限定で出店していた「タイ屋台料理 ガムランディー パルコ店」とベトナム料理を提供していた姉妹店「ベトバルアンディ」を統合してオープン。席数は24席。ガムランディーは1999(平成11)年に大名本店(大名1)がオープンし、現在計2店舗。タイ人シェフが作る料理は、福岡県糸島市の自家菜園で栽培したタイ野菜やハーブを使っている。

 店内では、空芯菜のタイ式炒め「パクブン・ファイデーン」(830円)、グリーンパパイヤのサラダ「ソムタム」(800円)、鶏のもも焼き「ガイ・ヤーン」(780円)、ソフトシェルシュリンプのココナッツカレー卵とじ「クン・パッ・ポンカリー」(1,290円)のほか、「ベトバルアンディ」で提供していた「バインミー・チキン」(750円)や「バインミー・ビーフ」(850円)などのベトナム料理も提供する。

 ランチメニューには、「バイカパオ・セット」(860円)、「カオマンガイ・セット」(930円)、「トムヤム麺セット」(860円)などを用意する。

 テークアウトやデリバリーに対応したメニューもそろえる。

 運営会社の進藤義浩社長は「辛さを調節したほかは本場のリアルな味を楽しんでもらいたい。フレッシュなハーブや野菜を使った料理を用意してお待ちする」と話す。

 営業時間は、ランチタイム=11時30分~15時、ディナータイム=17時30分~22時30分(当面は20時まで)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース