和食レストラン「九州の旬 博多廊」、人気メニューをPB商品化へ

和食レストラン「九州の旬 博多廊」がプライベートブランド商品の「辛子明太子」を販売

和食レストラン「九州の旬 博多廊」がプライベートブランド商品の「辛子明太子」を販売

  •  
  •  

 大名の商業施設「サウスサイドテラス」(福岡市中央区大名1)5階の和食レストラン「九州の旬 博多廊」(TEL 092-687-5656)は6月末から、プライベートブランド(PB)商品の「辛子明太子」を販売している。

 同店は、「上質」をテーマに中洲・東京第一ホテルの地下1階で「博多廊」として10年間営業。昨年2月に同所に移転・リニューアルオープンした。

[広告]

 同商品は、「明太子は人気メニューで、持ち帰りの要望が多かった」(同店の首藤健児総料理長)ことから「上質な明太子」をコンセプトに店頭販売できる商品の開発を進めた。素材は、スケトウダラの原卵のほか、本醸造しょうゆ、みりんの代わりに肥後の赤酒など、九州の素材を中心に使う。

 定番と大分産のユズに漬け込んだユズ風味の2種類で、170グラム=2,000円、300グラム=3,500円。店頭販売のほか通信販売でも扱う。

 「第2弾として、人気メニューの『ラーメンサラダ』に使うドレッシングのPB商品化を検討中」(同)のほか、「家庭で楽しめるよう、もつ鍋や水炊きも商品化したい」とも。

 営業時間は11時~15時、17時~23時。

  • はてなブックマークに追加