見る・遊ぶ

天神でコスチューム・アーティストひびのこづえさん展覧会 舞台衣装など70点

2017・2018KAATキッズ・プログラム「不思議の国のアリス」 振付・演出 森山開次/撮影:宮川舞子

2017・2018KAATキッズ・プログラム「不思議の国のアリス」 振付・演出 森山開次/撮影:宮川舞子

  •  
  •  

 展覧会「ひびのこづえ展『みる・きる・つくる』」が7月20日から、三菱地所アルティアム(福岡市中央区天神1)で開催される。

ダンスパフォーマンス「WONDER WATER」

 1988(昭和63)年にコスチューム・アーティストとして活動を始めたひびのこづえさん。演劇やダンス、映画、テレビなどで数々の作品を生み出しており、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のセット衣装や野田秀樹さん演出の舞台衣装を手掛けている。同展では「みる・きる・つくる」をテーマにひびのさんの作品を紹介する。

[広告]

 会場では、2017(平成29)年・2018(平成30)年に上演したダンス「不思議の国のアリス」の衣装を展覧会として初公開するほか、NODA・MAPの舞台衣装など70点以上を展示する。実際に試着できる服やヘッドピースなどの衣装が並ぶほか、ミニワークショップコーナーも設ける。

 初日は関連イベントとして、同館地下2階「イムズプラザ」でひびのさんの衣装を着たダンサー2人組によるパフォーマンス「『WONDER WATER』 ひびのこづえ×ホワイトアスパラガス×川瀬浩介」を開催する(13時30分~、16時30分~開催、各回30分、参加無料)。

 開催時間は10時~20時。入場料は、一般=400円、学生=300円、高校生以下無料。8月25日まで。

  • はてなブックマークに追加