見る・遊ぶ

福岡市動植物園で「雪まつり」 今年は氷の滑り台が2レーンに

過去開催の様子(写真は福岡市動植物園提供)

過去開催の様子(写真は福岡市動植物園提供)

  •  
  •  

 イベント「動植物園の雪まつり」が2月1日・2日、福岡市動植物園(福岡市中央区南公園)で開催される。

 なかなか雪が降らない、積もらない福岡の子どもたちのために開く同イベント。会場には約10メートル×約8メートルの雪の広場を設け、雪遊びを楽しめるようにし、各日先着100人に雪だるまを作る雪を進呈する(当日9時より整理券を配布)。約40トンの氷を使って、1日3回の降雪ショーを行うほか、親子で滑ることもできる長さ10メートルの氷の滑り台などを用意。氷の滑り台は今年2レーンに増設する。

[広告]

 会場には氷の机や椅子、氷柱が展示され、写真撮影ができるスポットを設けるほか、焼きマシュマロも体験できるたき火イベントや、ウサギやモルモット、ヤギなどの動物たちと触れ合える「ふれあい動物園」(有料)などを開く。

 開催時間は10時~16時。雨天・荒天中止。入園料は、大人=600円、高校生=300円、中学生以下無料。

SmartNews Awards 2019