見る・遊ぶ

天神・パサージュ広場に参加者と作るクリスマスツリー サステナブルテーマに

11月12日の「グリーン グリーン クリスマスツリー」の様子

11月12日の「グリーン グリーン クリスマスツリー」の様子

  • 12

  •  

 「グリーン グリーン クリスマスツリー」が現在、大丸・福岡天神店(福岡市中央区天神1)エルガーラ・パサージュ広場に展示されている。

自然素材を使ったオーナメント

 「サステナブル」「クリエイティブ」をテーマに掲げ、総合コーディネーターの元パタゴニア日本支社長でオーガニックスペシャリストのジョン・ムーアさんが、ツリーのデザインからイベント・ワークショップまで監修する。

[広告]

 環境にできるだけ負担をかけないクリスマスツリーにするため、植え戻せばまた成長できる苗木を集合させ、大きなツリーを表現した。ツリーの構造体には電線ドラムを使う。

 ツリー完成予定の12月5日に向けて、参加者と一緒に作り上げていくクリスマスツリー。オーナメントは、ワークショップを毎週末開催し、参加者が作った自然素材のオーナメントを飾り付ける。オーナメントの素材は九州産の麦わら、杉、間伐材、まつぼっくり、珊瑚、貝殻などを使う。

 12月5日の17時からは、完成セレモニーとして点灯式を行うほか、ムーアさんのトークイベントを開催する。

 12月25日まで。ワークショップの参加費は各回500円、申し込みはウェブで受け付ける(定員あり)。