食べる

観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」で「沿線の果物」の期間限定コース

「地域を味わう果物料理の旅」のコース料理

「地域を味わう果物料理の旅」のコース料理

  • 7

  •  

 西日本鉄道(福岡市博多区博多駅前3)は3月5日から、観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ レールキッチン チクゴ)」で特別コース「地域を味わう果物料理の旅」を期間限定で運行する。

 昨年12月から、沿線地域の魅力をより掘り下げて発信するために期間限定で特別コースを運行。第1弾として「沿線のお酒」に焦点を当てたコースを現在運行中。第2弾として「沿線の果物」をテーマとしたコースを3月から運行する。

[広告]

 コースのメイン料理は「フルーツピザ」。筑後の小麦を使った生地に、筑紫野市の「いせふじファーム」のイチゴと、八女市産のブランドキウイ「博多甘香(はかたあまか)」を敷き詰めて、同列車に設置されたピザ窯で焼き上げる。

 前菜は柳川市「杏里ファーム」のバナナを使った「焼きバナナの前菜」、肉料理は「あまおう」を添えた「博多和牛のステーキ、苺のソース」、デザートは八女市のミカンと同列車オリジナルのハーブティを合わせた「柑橘(かんきつ)とゼリーのスープ仕立て」を提供する。

 料理監修は料理家の渡辺康啓さん、およびレストラン「エンボカ東京」の今井正さん。

 西鉄福岡(天神)駅と大牟田駅間を運行。料金は8,800円。定員52席。金曜・土曜・日曜・祝日の運行で、5月30日まで。予約はウェブサイトで受け付ける。