食べる 暮らす・働く

福岡で五島市が2日限定「食と移住のカフェ」 五島牛ステーキや移住相談

「五島の食と移住のPOP-UP CAFE」で提供する「五島牛ステーキのスパイスカレー、五島の野菜のアチャール添え」

「五島の食と移住のPOP-UP CAFE」で提供する「五島牛ステーキのスパイスカレー、五島の野菜のアチャール添え」

  • 55

  •  

 長崎県五島市が主催するイベント「五島の食と移住のPOP-UP CAFE」が11月26日・27日、「COMI×TEN Cafe」(福岡市中央区大名1)で開催される。

「五島の食と移住のPOP-UP CAFE」で提供する「五島野菜と鮮魚のフライのピタサンド」

[広告]

 五島市が移住及び2拠点生活を見据えた関係人口創出を目的に、福岡都市圏在住者向けに開くイベント。五島列島は7つの有人島と60の無人島からなる「新上五島町」と、11の有人島と52の無人島からなる「五島市」で構成される総面積約420平方キロの島々。移住者は2018(平成30)年~2021年の4年連続で毎年200人を超えているという。10月末時点での人口は約3万5000人。同イベントでは五島市が2日間限定のカフェをプロデュースし、五島の食材を使ったメニューを提供し、新たな移住相談の場を設ける。このほか五島の加工食品やクラフトアイテムの販売を行う。

 カフェでは、料理家の宮村ゆかりさんが、同イベントに合わせて開発した、五島の肉や魚、野菜、塩、卵などを使った特別メニューを提供する。「五島牛」を使った「五島牛ステーキのスパイスカレー、五島の野菜のアチャール添え」(1,000円)と、五島の旬の魚を使った「五島野菜と鮮魚のフライのピタサンド」(500円)の2品で、どちらも数量限定で販売する。ドリンクはコーヒー、紅茶、カフェモカ、コーラ(以上400円~)などを用意する。

 移住相談コーナーを設け、五島市の移住相談員に加え、福岡と五島の2拠点生活実践者や、五島の暮らしを発信するユーチューバー「五島開拓集団」も期間中常駐し、相談を受け付ける。

 営業時間は11時~17時。入場無料(1ドリンクオーダー制)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース