福岡市動物園、市長選に先駆け動物の「えんちょうせんきょ」-5頭・羽が立候補

投票するとしっぽが動く仕組みの投票箱に驚く園児たち

投票するとしっぽが動く仕組みの投票箱に驚く園児たち

  •  
  •  

 11月16日に行われる福岡市長選挙に先駆けて、福岡市動物園(福岡市中央区南公園)で11月1日より動物園の園長を選ぶ「どうぶつのえんちょうせんきょ」が開催される。

貼り出された立候補動物のポスター

 市長選の投票啓発イベントの一環として、親子で参加して選挙への関心を持ってもらおうと初めて開く。

[広告]

 「えんちょう」に立候補した動物は、アジアゾウの「はな子」、コツメカワウソの「リラ」、フンボルトペンギンの「フラット」、アミメキリンの「キーボー」、ニシローランドゴリラの「ビンドン」の5頭・羽。10月28日の午前中に入り口に設けられた選挙掲示板に立候補動物のポスターが掲出され、遠足で来園した「きりん保育園」の園児らに向け、動物の各飼育員が担当動物への清き一票を呼び掛ける応援演説を行った。

 アジアゾウのはな子は、体調を崩した際に飼育員や来園者のありがたみが身にしみたことから、「ありがとう」と感謝を伝えられる動物園にしたい、コツメカワウソのリラは出産や育児の経験から「かわいさ」は世の中を幸せにできると公言し、「かわいさ」で世界を平和にしたいというマニフェストを、それぞれ掲げる。

 投票所は正門入り口近くに設置。実際の選挙で使われていた投票箱を使って、投票するとセンサーで動く動物のしっぽを付ける加工を施した特製投票箱を製作。先行で投票した園児らを楽しませていた。

 「えんちょう」に選ばれた動物は、マニフェスト実現のイベントを開催する予定という。投票日は11月1日~3日・8日の計4日間。8日は13時に投票を締め切り、即日開票を行う。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ