買う

天神で「きもの蝶屋」浴衣ポップアップショップ 「街を彩る浴衣」コンセプトに

中洲の屋台でモノトーンコーデの浴衣

中洲の屋台でモノトーンコーデの浴衣

  •  
  •  

 「きもの蝶屋」の浴衣ポップアップショップ「FUKUOKA YUKATA plus+」が6月28日から、雑貨館インキューブ天神店(福岡市中央区天神2)M3階ブリッジ特設会場で開催されている。

大名でグレーコーデの浴衣

 蝶屋(久留米市)の浴衣ポップアップショップは今年で18年目。今回は「『FUKUOKA YUKATA plus+』~好きにさせてくれる この街とユカタ。~」をテーマに、浴衣を通して福岡の人、街、店の魅力を発信。花火大会や祭りに限らず夏場に洋服と同じように浴衣を着てもらいたいという思いから、ファッションとして楽しみやすい浴衣やコーディネートを提案する。

[広告]

 会場では、「街を彩る浴衣」をコンセプトにそろえた300種類以上の浴衣を販売する。「浴衣・帯の選べる2点セット」として「女性2点セット」を5,000円~、「男性2点セット」を7,500円~販売。今年のトレンド「くすみカラー」の浴衣などをそろえ、専門スタッフが普段の服や靴に合わせたコーディネートの提案などを行う。会場には、福岡の人や街を描くイラストレーター「ABEchan」のアート作品も展示。

 このほか、福岡の飲食店「COMATSU(コマツ)」グループとコラボし、来店客には市内のコマツグループ9店舗で利用できるワンドリンクサービスクーポン付きのうちわを進呈。浴衣の購入客には、コマツプルミエのかき氷チケットなど特典を用意する(100人限定)。

 蝶屋広報担当者は「メンズ浴衣も力を入れているので、女性はもちろん、男性もぜひ来ていただけたら」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時30分(最終日は18時まで)。8月25日まで。

  • はてなブックマークに追加