見る・遊ぶ

福岡市動物園で七夕特別企画 動物イラスト入り短冊でササ飾り、特別ガイドも

ツキノワグマ「ゲンキ」(左)とレッサーパンダ「マリモ」(写真提供=福岡市動物園)

ツキノワグマ「ゲンキ」(左)とレッサーパンダ「マリモ」(写真提供=福岡市動物園)

  •  
  •  

 福岡市動物園(福岡市中央区南公園)が7月2日から、七夕にちなんだ特別企画を行う。

 「七夕どうぶつ笹飾り」と題し、レッサーパンダ、ツキノワグマ、カンガルー、オオワシ、フクロウ、アラビアオリックスの動物イラスト入りの短冊を6種類用意。願いごとや動物へのメッセージを短冊に記入してもらい、ササに飾り付ける。メッセージ募集は7月2日~7日、ササ飾り展示は6日・7日に行う。ササは動物情報館多目的コーナーに設置する。

[広告]

 7日は飼育員による七夕特別ガイドを行う。ツキノワグマ舎では13時から、ツキノワグマ2頭の紹介と飼育員特製七夕ケーキのプレゼントを行う。レッサーパンダ舎では14時から、レッサーパンダ2頭の紹介と、飼育員によるモウソウチクの葉とリンゴのエサやりを行う。

 開園時間は9時~17時(入園は16時30分まで)。入園料は、大人=600円、高校生=300円、中学生以下無料。特別ガイドは天候や動物の体調により中止の場合あり。7月7日まで。

  • はてなブックマークに追加