九州各地の演劇人が語り明かす「九州演劇人サミット」

  •  
  •  

NPO法人「FPAP(エフパップ)」(祇園町8、TEL 092-262-5027)は11月23日、カフェアートリエ(博多リバレイン地下2階)で「九州演劇人サミット」を開催する。同イベントは、九州各地で活躍する演劇人をパネリストに迎え、それぞれの演劇事情やこれからの展望などを熱く語り合うもので、来場者は茶菓子などを楽しみながら傍聴するもの。開催は、地域演劇についての興味・理解の向上を目的としたもの。パネリストは、泊篤志(飛ぶ劇場・北九州)、市原幹也(のこされ劇場・北九州)、大塚ムネト(ギンギラ太陽’s・福岡)、日下部信(劇団轍WADAChi・福岡)、山田恵理香(空間再生事業 劇団GIGA・福岡)、川口大樹(万能グローブガラパゴスダイナモス・福岡)、福田修志(F'sCompany・長崎)、池田美樹(劇団きらら・熊本)、河野通幸(劇団O相・熊本)の各氏。参加費は1,500円(茶菓子・飲み物付き)。今後は、九州の各地域で開催を予定している。

[広告]
[広告]
  • はてなブックマークに追加