暮らす・働く

昭和グループが「よかまちみらいプロジェクト」 移動サービスで未来へのまちづくり

「よかまちみらいプロジェクト」発足記者発表会の様子

「よかまちみらいプロジェクト」発足記者発表会の様子

  • 8

  •  

 SEEDホールディングス(福岡市中央区渡辺通4)の昭和グループが10月5日、北部九州におけるトヨタ車両販売・レンタリース事業、バス・タクシー事業などの交通運輸事業を軸に、移動サービスを通じて未来へつながるまちづくり(=よかまち)を目指すプロジェクト「よかまちみらいプロジェクト」を発足した。

 昭和グループ14社と参画企業27社と共に「よかまちみらいプロジェクトコンソーシアム」を結成し、地域の魅力向上と活性化に貢献していく。プロジェクトパートナーとして福岡県、糸島市、福岡市、九州大学などと連携する。産学連携による先進技術の研究・実証も推進し、中長期にわたるプロジェクト展開を行う。

[広告]

 まずは糸島半島で、移動サービスおよび地域活性化に資する各種サービスを展開する。糸島半島では交通手段が限定されており、高齢化が進んでいるエリアもあり、マイカー以外の移動手段が必要とされる地域であると考え、これらの交通課題に対して5つの移動サービスを提供する。電話やスマートフォンで予約し、予約状況に応じた最適な運行ルートを走行する「オンデマンドバス」の運行、カーシェア「TOYOTA SHARE」のステーション拡充、JR今宿駅を起点にパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」およびトヨタ車体製「COMS」の貸し出し、電動レンタサイクル「よかチャリ」、ルート検索・決済アプリ「my route」の導入などを予定する。

 移動サービスに加え、観光振興、交通安全、防災・減災、地域振興などを通じ地域活性化へ貢献し、九州大学伊都キャンパス(西区元岡)との産学連携の取り組みも推進する。

 将来的には昭和グループのサービスエリアである福岡県、佐賀県、長崎県へサービス展開を予定する。

 昭和グループの金子直幹代表は「コンソーシアムに参画いただく多くの仲間と一緒に、昭和グループだけでは実現できない移動サービス以外の取り組みについても積極的に推進し、地域の活性化に貢献できるよう尽力していきたい」と意気込みを語る。

Stay at Home