見る・遊ぶ

福岡パルコで開田裕治さんの「ガンダムギャラリー」 直筆イラスト付きサイン会も

展示会「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」外観

展示会「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」外観

  •  
  •  

 展示会「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」が7月5日から、福岡パルコ(福岡市中央区天神2)新館地下1階で開催されている。

ガンプラ

 ガンプラの箱絵を描いてきたイラストレーター・開田裕治さんの画業40周年を記念して開かれる。九州では初開催。

[広告]

 会場では、「機動戦士ガンダムF-91」「機動戦士Vガンダム」などの原画約20点や、開田裕治さん自ら原画からデジタルデータ化した「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」などの作品を展示する。ガンプラボックスを積んだタワー、デジタル作品が描かれている過程が分かる「Making of Hi-v GUNDAM」なども用意する。

 展示会入場者のみ購入可能な開催記念グッズとして、トートバッグやガンダムギャラリースマホリング(2,200円)、アクリルスタンド(1,800円)、コースター(1,100円、価格は全て税別)などを用意するほか、複製原画なども販売。3,000円以上の購入客には、メインビジュアルを使ったA2ポスターを1枚進呈する。

 7月13日・14日は開田裕治さんが来場し、当日5,000円以上の購入客に直筆イラスト付きサイン会を行う(13日15時~・14日11時~、各日先着25人)。

 開催時間は10時~20時30分(最終日は18時閉場)。入場料は、一般=500円、学生=400円、小学生以下無料。今月21日まで。

  • はてなブックマークに追加