天気予報

30

22

みん経トピックス

天神でLOVEFMフェス百貨店とツタヤがコラボ店

福岡市役所で障がい者施設のアート展 市内カフェでも巡回展

福岡市役所で障がい者施設のアート展 市内カフェでも巡回展

福岡市役所で障がい者アート展「fukuoka plus gallery」が開催

写真を拡大 地図を拡大

 福岡市役所(福岡市中央区天神1)1階ロビーで2月11日、障がい者アート展「fukuoka plus gallery(フクオカプラスギャラリー)」が始まった。

 福岡市と障がい者施設が、障害者が手掛ける作品の販売や情報発信などを目的に取り組む「ときめきプロジェクト」の一環で開く同展。今回は、「福岡市の文化財」をテーマに市内の障がい者施設から作品を公募し、48作品の中から選ばれた「工房まる」「ひまわりパーク」「JOY倶楽部 アトリエブラヴォ」など9施設に所属する作家による作品20点を展示している。

 福岡城や警固神社、福岡県公会堂貴賓館などをカラフルな色使いとユニークな構図で描いた作品が並び、通行客らの目を楽しませている。

 期間中、カフェ「TAGSTA(タグスタ)」(春吉1)やイムズ(天神1)4階のブックカフェ「solid & liquid TENJIN(ソリッド・アンド・リキッド天神)」など市内の飲食3店舗で、アート展「日々、描く」をリレー形式で同時開催する。

 市役所での開催は6月10日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

西日本鉄道は映画「ONE PIECE FILM GOLD」のラッピング電車の運行を開始(この写真の記事へ)。車両にはキャラクターがデザイン ©尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会
[拡大写真]

アクセスランキング