食べる

博多の老舗洋菓子店「チョコレートショップ」、天神に新業態 親子の味そろえ

佐野隆社長(右)と恵美子さん

佐野隆社長(右)と恵美子さん

  •  
  •  

 ソラリアプラザ(福岡市中央区天神2)1階に10月6日、洋菓子店「チョコレートショップ」(博多区綱場町)が手掛ける新業態「レ トロワ ショコラ コラボ チョコレートショップ」がオープンした。

 洋菓子店「チョコレートショップ」の2代目・佐野隆社長と、今年2月にフランス・パリにショコラ専門店を出店した娘・恵美子さんが2人で立ち上げた洋菓子店。創業者・源作さんから息子に継承された味と、洋菓子の本場・フランスで挑戦している孫・恵美子さんの3代が築き上げたチョコレートの味が集結する。

[広告]

 店舗面積は15坪。フランスから空輸で運んだショコラはホットワインやゴマ、ほうじ茶など約15種(230円~)をそろえるほか、素材にこだわった「タブレットショコラ」、チョコレートショップの定番スイーツなど約80商品が並ぶ。平均客単価は約1,000円を見込む。

 「照れや恥ずかしい部分もあるけど、福岡で親子3代のチョコレートの味が並ぶ店を出店できてうれしい」と恵美子さん。「日本に入っていない希少な豆を使った商品も。3代で作った味を表現できれば」と意気込む。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加