福岡市内に「ときめきアートバス」 障がい者アートを展示

福岡の障がい者によるアート作品を展示した連節バス「ときめきアートバス」が運行(イメージ)

福岡の障がい者によるアート作品を展示した連節バス「ときめきアートバス」が運行(イメージ)

  •  

 福岡市内で来年1月10日から、福岡の障がい者によるアート作品を展示した連節バス「ときめきアートバス」が運行される。

 障がい者施設の商品の販売や情報発信などを目的に福岡市と福岡の障がい者施設が取り組む「ときめきプロジェクト」の一環。期間中、バス車内に天神やウォーターフロント、博多の各エリアをテーマに描いた作品を展示する。

[広告]

 また、イムズ(福岡市中央区天神1)地下2階で1月6日~14日、障がい者施設商品のコンクール「ときめきセレクション」の商品を中心に、雑貨や食品などを販売する「ときめき見本市」も開催する。

 バスの運行は1月31日まで。