食べる

福岡市内飲食5店で「しものせき海響の恵みフェア」 下関市の食材をPR

上から「うちわ海老と鶏手羽先の朝天唐辛子炒め」(中華レストラン 蓮双庭)と「下関ふくと初摘み生わかめの重ねしゃぶ」(酒蔵レストラン たから」

上から「うちわ海老と鶏手羽先の朝天唐辛子炒め」(中華レストラン 蓮双庭)と「下関ふくと初摘み生わかめの重ねしゃぶ」(酒蔵レストラン たから」

  •  

 福岡市内の飲食5店で2月1日から、イベント「しものせき海響の恵みフェア」が開催される。

 「とらふく」「ジビエ」「のどぐろ」「あんこう」「クジラ」「魚醤」など、山口県下関市の食材を使って、各店が手掛けたメニューを期間限定で提供する同企画。下関市の食材の魅力を広くPRしようと下関市が展開する。

[広告]

 参加店舗は、「酒蔵レストラン たから」(福岡市中央区天神2)、「中華レストラン 蓮双庭」(博多区博多駅東2)、「博多魚いち いっ笑」(渡辺通2)など5店舗。メニューは、「とらふくとピリ辛豆腐の爆発煮」(2,480円・中華レストラン 蓮双庭)、「下関ふくと初摘み生わかめの重ねしゃぶ」(2,140円・酒蔵レストラン たから)などをそろえる。

 開催は2月28日まで。