見る・遊ぶ

天神で漫画家・安野モヨコさんの原画展 トークライブ&サイン会も

本展メインビジュアル『鼻下長紳士回顧録』より ©Moyoco Anno / Cork

本展メインビジュアル『鼻下長紳士回顧録』より ©Moyoco Anno / Cork

  •  

 イムズ(福岡市中央区天神1)8階の三菱地所アルティアムで6月2日から、個展「安野モヨコ展 STRIP!PORTFOLIO 1996-2016」が開催される。

『ハッピー・マニア』

 安野モヨコさんは、テレビドラマ化された「ハッピー・マニア」や「働きマン」などで知られる東京都出身の漫画家。同展は、安野さんの20年を超える画業から、原画約250点を展示。大規模個展は西日本初となる。

[広告]

 会場では、1995年に連載を開始した「ハッピー・マニア」をはじめ、「シュガシュガルーン」、「働きマン」、「鼻下長紳士回顧録(びかちょうしんしかいころく)」、「オチビサン」などの原画が並ぶ。同展のために描き下ろした作品や「さくらん」第2部の単行本未収録原稿も展示される。

 6月29日は、同館9階イムズホールで、同展入場チケットまたはアルティアムカード持参者を対象にトークライブとサイン会を開く予定(参加無料)。

 開催時間は10時~20時(6月19日は休館)。入場料は、一般=400円(前売り300円)、学生=300円(同200円)、高校生以下無料。7月16日まで。イベント申し込みは6月2日よりホームページで先着順に受け付ける。